賞味期限と消費期限の違いを理解

date 2012/11/28

賞味期限と、消費期限の違いって、言葉が似ているからか、時々混乱していませんか?この賞味期限と、消費期限の違いを混合して居る方、実は結構多いのが現状です。

まず、「賞味期限」とは商品が美味しく食べられる期間。そして、「消費期限」とは、お弁当やパン、生麺など食品の劣化が早く、製造日から約5日後までに食べた方が良い商品に表示されている期限の事です。

よく生食品を販売するお弁当屋さんやコンビニで、数時間ごとに食品を入れ替えているのを目にしますよね。これは、消費期限とは別に、販売期限というのがもうけられていて、消費期限の数日前には販売商品を回収しなくてはいけないからです。

話しは戻り、賞味期限では通常年月日まで表示されていますが、インスタント食品などでは、年月までしか表示されていない事もよくあります。それほど、食品の消費期限と、賞味期限は食品の素材、加工方法によって異なります。

賞味期限と消費期限の一番大きな違いは、賞味期限は過ぎても食べて大丈夫だけど、消費期限は過ぎたら食べない方が良いという点です。「これ以上の日にちを過ぎると危ないですよ」というのが消費期限日になるので、このポイントを賞味期限と混合しないようにしましょう。

消費者金融、即日で借りる